「金利って何?」利息、利子との違いを解説【今さら聞けない】

アイフル 消費者金融

金利・利息・利子の違い

まず金利とよく似た言葉に、利息や利子があります。それぞれどのような違いがあるのでしょうか。まずは、これらの用語の意味と違いを押さえておきましょう。

・利息
利息は、お金のレンタル料のようなものです。お金の借主(カードローン利用者)が、貸主(カードローン会社)に対して支払うことになります。

・金利
金利は、元金に対する利息の割合のことで、利率や利回りといった言葉でも使われます。金利はパーセント(%)で表現され、1年を単位とするので例えば、金利(年利)15.00%でお金を10万円借りた場合、1年間で10万円×15.00%=1万5,000円の利息が発生する、という考え方になります。

・利子
銀行や郵便貯金にお金を預けた際に、一定の利率で支払われる対価のことを利子といいます。

金利と実質年率の違い

カードローン会社は、「実質年率(年利)」として、手数料や保証料といった諸費用を加えた金利を表示しています。実質年率の表示は、「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」という法律で義務付けられています。大半のカードローンは、手数料や保証料などが無料になっているため、実質年率は金利のことであると考えて差し支えありません。利息額を調べる際は実質年率を基に計算します。

金利の比較

カードローンの金利を比較する場合は、各社の「適用金利」を確認することをおすすめします。カードローンの説明では「実質年率○~◎%」といった表記が主となっています。そのため、ここで書かれている下限金利が低いものに目が行きがちですが、実際の金利は、ご利用可能枠(借入限度額)によって変わります。そこで、適用金利から自分が借りたい金額の適用金利を比較してみてください。

ここで注目すべきは、下限金利ではなく上限金利です。

たとえば、「4.0%~14.0%」なら、4.0%ではなく、14.0%のほうをチェックしてください。

実際に「何%の金利が適用されるか」は、利用者によって異なります。

申込後の審査で決まるのです。

申込み前の段階では、「4.0%~14.0%」のうち何%の金利が適用されるのかわかりません。

しかも、最初は上限金利が適用されることがほとんどです。

したがって、金利をみるときはいつも上限金利をチェックすべきなのです。

金利の上限は法律で決められている

現在日本では、法律によって金利の上限が決められています。

元金上限金利(年率)
10万円未満20%
10万円以上100万円未満18%
100万円以上15%

このように、元金の金額によって、上限金利は3段階に分かれています。

これより高い金利を取る金融機関があれば、それは違法業者です。くれぐれも注意しましょう(大手消費者金融や銀行はまず問題ないので安心してください)。

金利は業者によって違う

先に説明したように、金利の上限は法律で決められていますが、その範囲内であれば金利設定は自由です。

そのため、金利は業者によって異なります。

例として、いくつか大手の業者の金利をあげてみましょう。

アコム3.0~18.0%
プロミス4.5~17.8%
SMBCモビット3.0~18.0%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック1.8~14.6%
三井住友カードローン4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン2.0~14.0%

金利が高ければ審査甘い

金利だけ見ると上限金利の高いアコムが他のカードローンより借りやすいとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました