消費者金融と銀行カードローン、結局どちらがよいの?

消費者金融

個人向けのローンとして人気なのが、消費者金融や銀行カードローンです。

テレビCMなどで、見る機会もが多いですよね。


でも実際借りるにあたって、

消費者金融とカードローンどちらを選べばいいのかよくわからないですよね。

どっちを借りれば良いのか?
結論から言えば、申込した人たちそれそれによって異なります。

その理由は、
消費者金融・銀行カードローンのどちらにも、強み・弱みがあるからです。
今回は、消費者金融と銀行カードローンを比較して、どちらを選ぶべきかを解説します

まずは、

消費者金融と銀行カードローンを比較する前に、それぞれの特徴を簡単に紹介します。

また消費者金融と、銀行カードローンに共通する点も触れます。

消費者金融とは?

消費者金融とは、個人の利用者向けに向けの小口の融資サービスです。

プロミスやアコムといった名前を、TVCMや電車のつり革で見た人も多いはずです。


こうした大手の消費者金融の他にも、街金や言われる中小の消費者金融まで、全国1600社以上の業者がいます。

今回は、大手の消費者金融に限って解説します。

後ほど詳しく解説しますが、気軽に借入できるのが、消費者金融のメリットです。


消費者金融を行う会社は、法律的には「貸金業者」と呼ばれる企業に分類されます

銀行カードローンとは?

銀行カードローンとは、銀行が扱う個人向けの小口の融資サービスです。

消費者金融は貸金業者が運営しているのに対し、銀行カードローンは銀行自身が運営しています。


銀行への安心感から、銀行カードローンも一定の信頼を利用者から得ています。

取扱い銀行は多数あり、三菱UFJ銀行や三井住友銀行といったメガバンクはもちろん、地方銀行でもカードローンを扱っています。

次に

以下では、銀行カードローンと消費者金融に共通するポイントを見ていきます

共通点1:手軽な借入が可能

ひとつ目の共通点は、手軽に借入できる点です

消費者金融は、身分証明書(運転免許証など)だけで借入できます。


銀行カードローンも身分証明書だけで借入できますか、その銀行の口座が必要な場合もあります。

また担保や保証人なしでキャッシングできるのも、消費者金融と銀行カードローンで共通しています。


この他、資金使途(お金の使い道)が原則自由なのも共通です

共通点2:カードローン形式(極度借入)での借入

どちらも、カードローン形式(極度借入)での借入となります。

契約時に極度枠(借入枠)を設定して、その範囲内でなら自由に借入・返済ができます。


もちろん借入していない時は、利息もかかりません。

自分の好きなタイミングで借入・返済できるのが、カードローンの魅力と言えます。

共通点3:借入枠が増えると、適応金利が下がる

どちらも契約時に、借入枠(極度枠)を設定します。

この借入枠の金額が大きいほど、適用金利が下がる傾向にあります。

例えばプロミスでは、4.5%から17.8%を金利帯が提示しています。

誰だった少しでも低い金利で借りたいと思うところですが、適用金利は借入枠の金額で変わってきます。

初回契約では、50万円程度の借入枠になることが普通です。

この位の金額だと、カードローンの上限金利が適用されます。

将来的に(増枠審査などで)借入枠が増えれば、それにつれて適用金利も下がってきます。

借入枠は審査によって決まるため、人によっては高額な借入枠が設定できない場合もあります

銀行カードローンの魅力・特徴は?

先程は、消費者金融との共通点について見てきました。

以下では消費者金融との違いという意味で、銀行カードローンの魅力や特徴について紹介します。

銀行ならではの安心感・ブランド力

銀行カードローンの最大の魅力は、銀行が運営しているという安心感や信頼感

アンケートにもある通り、銀行カードローンを選んだ理由の第1位(全体の2割以上)は、銀行カードローンの安心感をあげています

銀行カードローンに関する消費者意識調査に関する報告‐全国銀行協会

後でも述べるように、消費者金融には街金、サラ金といった、マイナスなイメージがあります。

このため多少の不便があっても、消費者金融を避け銀行カードローンを選ぶ人が一定数います。

ちなみに銀行カードローンを選ぶ理由の2位は、金利の低さです。

金利はやや高め(消費者金融より低い)

銀行カードローンの金利は、消費者金融に比べれば少し低いものの、それでも高めです。

銀行によって違いはありますが、上限金利は15%程度です。


以下の表は、大手銀行カードローンの借入条件です。

銀行カードローン金利(年率)
三井住友銀行カードローン年4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行 バンクイック年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%
オリックス銀行カードローン年1.7%~17.8%

銀行が扱う他のローンである、教育ローンやリフォームローンが2%から3%の金利です。

それらに較べると銀行のカードローンは、相応に金利が高いことが分かります。

融資は最短で翌営業日

銀行カードローンでは申し込みから借入まで、最短でも翌営業日になります。

たとえば金曜日に申し込んだ場合、最短での借入は月曜日になります(月曜日が祝日でないなら)。


つまり銀行カードローンでは、当日借入には対応していません。

現在は銀行カードローンの審査では、申込者の個人情報を警察庁のデータベースに照会する作業が行われます。


この回答が最低でも翌営業日になるため、借入まで多少の時間が掛かるのです。

警察庁のデータベースに照会するのは、申し込み者に反社会的組織(暴力団など)の人間がいないか、確認するためです

取引手数料が低い

銀行振り込み(=借入)や口座振替(=返済)の場合、消費者金融も銀行カードローンも手数料は無料です。

ですがコンビニATMを使って借入・返済する場合、消費者金融の場合は1回ごとに手数料が掛かりますが、銀行カードローンの場合は無料です。


手数料は3万円未満で110円、3万円以上で220円が一般的です(どちらも税込)。

1回あたりの金額は小さいですが、借入と返済をコンビニATMで繰り返していれば相当な金額になります。


コンビニATMでの利用が多く見込まれるならば、銀行カードローンの方が有利です。

審査はやや厳しめ

銀行カードローンの審査は、消費者金融に比べて少し厳しいです。

そのため審査に自信がない人は、銀行カードローンは避けた方が良いかもしれません。


実は銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも甘い時期がありました。

それが急に厳しくなったのは、2017年に入ってからです。

2016年に入り、自己破産件数が増加に転じますが、銀行カードローンの過剰融資が背景ではないかとマスコミから非難されました。

こうした批判に応える形で、全国銀行協会は2017年に自主ガイドラインを作成し、これ以降は銀行カードローンの審査が急に厳しくなりました。

消費者金融の魅力・特徴は?

上では、消費者金融の特徴を簡単に紹介しました。

ここでは銀行カードローンとの比較という意味で、消費者金融の魅力や特徴について紹介します。

即日融資が可能

消費者金融なら申込当日の借入、つまり即日融資が可能です。

実は個人向けローンで即日融資が可能なのは、消費者金融だけです。

緊急の事情などで、当日どうしてもお金が必要という人もいるはずです。

そういう人は迷わず、消費者金融を選択してください。

なお即日融資に強い消費者金融は、以下のページを参考にして下さい。

現在は来店せずにスマホだけで完結できる即日融資のサービスも充実しています。

無利息サービスあり

大手の消費者金融だけですが、初回契約に限り「無利息サービス」を提供している会社があります

「無利息サービス」とは、会社が決めた一定期間だけ、利息がゼロになるサービスです。

消費者金融の上限金利は、銀行カードローンよりも3%(年率)ほど高めです。

ですが無利息サービスを使えば、3ヶ月間程度の利用なら、消費者金融の方が返済負担も軽くなる場合も。


なお銀行カードローンで、こうした無利息サービスを展開している銀行はありません。

金利は高め

上でも軽く触れましたが、消費者金融の金利は高めです。

以下は、大手の消費者金融の金利を示した表です。

消費者金融金利(年率)
プロミス年4.5%~17.8%
SMBCモビット年3.0%~18.0%
アコム年3.0%~18.0%
アイフル年3.0%~18.0%
レイクALSA年3.0%~18.0%

先程も触れたとおり、初回契約では下限金利の金利が適用されることが一般的です。

消費者金融の上限金利はどの会社も18%なので、こうした金利の高さが消費者金融のネックです

消費者金融の金利は基本的に横並びなので、消費者金融の内で1社を選ぶなら、金利以外の要因で選ぶべきです

総量規制の対象(年収1/3の借入まで)

消費者金融は、総量規制(貸金業法)と呼ばれる規制の対象です。

この規制により、利用者は年収の1/3までしか借入が出来ません。

1社からの借入ではなく、消費者金融(貸金業者)からの借入合計が年収の1/3までです。


こうした規制が導入されたのは、消費者金融の利用で多重債務を防ぐためです。

一方の銀行カードローンには、こうした規制が適用されないため、年収の1/3を超える借り入れも法律的には可能です。

ただし先ほど触れた通り、最近は銀行カードローンの審査も厳しくなっています。

このため銀行でも、年収の1/3を超える借入は難しくなっています。

解約が簡単

カードローンでは契約を解約するために、まず借入をすべて完済する必要あります。

その後の手続きが、消費者金融と銀行カードローンで違います。


消費者金融は完済していれば、あとは電話で連絡すれば解約手続きが完了します。

一方の銀行カードローンは完済後に、解約手続きの書類を提出する必要があります。


銀行カードローンは発行は簡単なのに、解約が面倒というのは残念ですね。

銀行が運営しているだけあって、銀行の方がお役所的な運営方法と言えるかもしれません。

当日借入なら消費者金融

先程も説明した通り、当日中に借入をしたいならば、消費者金融を選ぶべきです。

銀行カードローンでも最短で翌営業日ですし、クレジットカードなら手元にカードが届くまで1週間ほどかかります。


ただし消費者金融を選ぶなら、大手にすると良いでしょう。

中小の消費者金融では、即日融資に対応していない会社もあるため、事前のリサーチも必要になってくる為です。

「今日中にどうしても!」といった理由がないのなら、また消費者金融を利用することに抵抗のある方は、銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

特にカードローンの利用を周囲に知られるかもしれない人は、銀行カードローンの方が安心かもしれません。

上でも説明した通り、消費者金融は今ではクリーンなサービスですが、周りの人にそれを理解してもらうのは難しいかもしれません。

注意点としては、銀行カードローンの場合、その銀行の口座を持ってないと申し込みできないケースがあります。

ですので銀行カードローンを利用したいならば、自分が日頃利用している銀行で申し込みすると良いでしょう。

なお三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行は、口座を持っていなくてもカードローンの申し込みができます。

借りやすさで選ぶなら消費者金融

借りやすさで選ぶなら、消費者金融の方がおすすめです。

消費者金融は身分証明書だけでの借入ができますが、銀行カードローンの場合、その銀行の口座が必要な場合があります。


ただし消費者金融でも銀行でも、50万円を超える借入では収入証明書の提出が必要になります

た消費者金融ならスマホでの借入(=自分の口座へ振込)や、ATMのキャッシングなどで、手段が豊富にあります。

大手ならコンビニATMでローンカードを使わず、専用アプリを使って借入できます。

一方の銀行カードローンはスマホで申し込みは可能ですが、スマホでの振込に対応してない銀行もあり、使い勝手はあまり良くありません。

消費者金融銀行カードローン
金利高め
(上限18.0%)
やや高め
(上限15.0%ほど)
審査の厳しさ普通厳しい
即日融資(当日借入)可能不可
総量規制
(借入は年収の1/3まで)
対象対象外
ブランドイメージ良くない良い
借入手続き便利少し不便
コンビニATMの手数料110円(または220円)無料
解約手続き電話のみ書類の提出が必要
返済負担やや重い重い

このように、消費者金融・銀行カードローンのどちらも独自の強みがあります。

一般に消費者金融と銀行カードローンを比較すると、以下のように説明されることが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました