スマホが買えない!機種代金の分割払い審査に通らない理由とその対処法

消費者金融

毎年多くのスマートフォンが発売されています。
スマートフォンの性能は年々よくなり、機能も充実していますが、それに比例して、機種代金も高額になってしまうのは仕方のないことですね。

高額なスマートフォンを購入するとき、機種代金を分割払いにして契約する方がほとんどだと思います。
しかし機種代金が高額になった分、分割払いの審査に通らない方も増えているようです。

スマートフォン購入時の分割払い審査に通らない原因と、その対処法を解説していきます。

スマートフォン購入時の審査に通らない具体的な理由とは?

スマートフォン購入時の分割払い審査に通らない理由として、以下の3つの点が挙げられます。

(1)携帯電話の料金滞納

各携帯電話会社は、携帯電話料金の支払い状況を共有しています。
現在契約している携帯電話会社の電話料金を滞納していると、当然その情報は共有されており、機種変更や新規契約の審査時に参照されます。

そのため、スマートフォン機種代の分割払い審査に通ることは難しいと思われます。

(2)過去、金融事故を起こした事がある(ブラックリストに載っている)

クレジットカードやカードローンの返済遅延等を起こすと信用情報に事故記録が記載されます。また債務整理を行った記録も、一定期間記載されます。
事故記録が記載されている間は、スマートフォン購入時の分割払いを含めローン等は組めなくなります。

(3)短期解約を繰り返している

新規契約した携帯電話の回線を特段の理由もなく3ヶ月以内に解約した場合や、キャッシュバック目当ての乗り換えなどを繰り返し行っていた場合、携帯電話会社の回線契約そのものを断られる可能性が高くなります

スマートフォン購入時の分割払い審査に通るには?

では、スマートフォン購入時の分割払い審査に通るためには、どのような対処方法があるのでしょうか?

滞納している携帯電話料金を支払う

まず、携帯電話料金を滞納しているという方は、携帯電話料金をきちんと支払いましょう。

滞納回数や滞納している金額が少ない場合は、全額きちんと支払えば、その後の分割払い審査に通る可能性があります。

携帯電話料金の滞納を何度も繰り返したり、強制解約措置を取られたことがある方は、しばらくの間は審査に通ることは難しいでしょう。
しかし今後、携帯電話料金の支払いを一切滞ることなく、しっかりと支払いを続けていれば、携帯電話会社への信用を取り戻せる可能性があります。

数年間待つ

金融事故情報は原則として5年、 自己破産の場合は最長10年間保管されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました