楽天銀行スーパーローンの審査・解説・口コミ

銀行カードローン

楽天銀行の基本スペック

限度額800万円
金利1.9%〜14.5%
対象年齢満20歳以上62歳以下
保証人不要
返済方法口座から自動振替(インターネットやATMからも可能)
審査時間最短翌日

楽天銀行スーパーローンは、金利が最大14.5%で利用できる為、消費者金融よりも低金利で融資を受けることが可能です。

月々の返済金額も最低2,000円からで都度返済を行いながら自身の苦にならないペースで返済していけるのが便利で人気です。

他社借り入れの見直しも同時に行え、他社をまとめて低金利化という事も対応しています。

楽天銀行カードローンの在籍確認

楽天銀行に限らずカードローンを申し込みすると必ず在籍確認があります。

嫌ですよね在籍確認って

・非通知設定で申込者の勤務先に電話がある

・申込者の勤務先が非通知拒否設定している場合は電話番号通知で電話がある

・申込者本人が電話に出られなくても在籍していることが確認できればOK

・担当者名(個人名)を名乗って電話をかける

・電話応対者に社名を質問された場合のみ銀行名を名乗る

・カードローンを申し込んでいることを申込者本人以外にバラすことはない

楽天銀行カードローンをはじめ、カードローンを提供する会社では、在籍確認と言われるものがあります。これはお金を貸すうえで絶対に必要な項目ですので、避けて通ることはできません。そもそも、この在籍確認は何の為に行っているのかを説明します。

楽天銀行カードローンは申込出来る基準として、日本国内に居住する20才~62才までで、仕事に就いていて毎月安定した定期収入のある人となっています。そこで、申し込みをした人が本当にその会社で働いているのかどうかを確かめる必要があります。その人がきちんとその会社に在籍していて、安定的な収入があるかどうかを確認しなければなりません。

楽天銀行をはじめカードローンで在籍確認は審査の最終段階と言われています。

楽天銀行カードローンの審査は厳しいのか

楽天カードの審査が甘いので、結構楽天銀行も甘いんじゃない?と思われがちですが。

実際、皆さんが思っている以上に楽天カードローンの審査は厳しいです。

大手消費者金融の成約率を見てみると、

アコムの審査通過率の推移は「40%〜44%」

プロミスの審査通過率の推移は「40%〜45%」

レイクALSAの審査通過率の推移は「30%前後」

アイフルの審査通過率の推移は「38%〜46%」

銀行カードローンは成約率を公表していませんが、カードローンが消費者金融より成約率が高いことはまずありません。

楽天カードローンの独自審査

楽天カードの審査でユニークなのが、

楽天会員はゴールドとかプラチナなど会員がありますが、その楽天会員ランクで審査融通するとはっきり書かれています。

楽天会員には5つのランクがあり、

レギュラーランクポイント対象の楽天サービスご利用で、ポイントを獲得
シルバーランク過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得
ゴールドランク過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得
プラチナランク過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
ダイヤモンドランク過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有

となっています。

ダイヤモンドランクの人が楽天カードローンを申し込みしても審査受からなかったという口コミが多いので会員のランクで審査が劇的に変わることはありません。

どうして銀行カードローンは審査が厳しいのか

それは独自の審査基準を設けているためです。

カードローンの審査には銀行系カードローン、消費者金融系カードローンともにコンピューターによる自動審査システムを採用しています。一般的に消費者金融系カードローンではこの自動審査システムによるスコアリングの結果で審査に合格か不合格かを判断しています。しかし銀行系カードローンの場合は保証会社によるスコアリングの結果とあわせて自社基準でも審査を行うため、審査が2段階となりその分厳しくなると言われています。銀行系カードローンではコンピューターによる単純な計算だけでなく、どの属性や点数を重視するかによって判断されるためスコアリングでは合格。しかし不安要素の大きいものがあれば審査に落ちてしまう可能性もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました